やんちゃな少年の色彩学

りんごの色は、なぜ赤い?

それは、「そこに光があたり、赤い光だけが反射し、目に入ってくる」から!

初めて聞くと、難解なフレーズである。

「色は光」である。

白色光と言われる昼間の鮮やかな光には、虹色に見られる「七色」で構成されている。

「赤、橙、黄、緑、青、藍、紫」、この七色の色が混ざり合っている。

その色が、空中の水蒸気などで、分解、分光され虹などの美しい色彩が生まれるのである。

お店に置いてある色鉛筆を使って絵をかいた少年は、元気よくポキポキと色鉛筆の芯を折って帰っていった。

ふと、「光と色」のことを思い出し、ブログに書いた昼下がりの出来事だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です