カウンター

カウンターのお客様から注文があり、コーヒー豆を挽きドリップに入れ、ポットに湯を注ぎ、豆を蒸らし、湯を足し、コーヒーカップを温め、コーヒーも定温まで温め、カップに注ぐ。

様々なお客様の、様々なお話をお聞きしながら、知識、知恵を授かる。

常に、幸いな仕事である。

私ができる最善は、お客様により満足のいくCoffeeをお出しすることだ。

一杯のコーヒーの出来具合に、一喜一憂しながら、今日も教えをいただいている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です