ベタ踏み坂のふもとで

中海をまたぎる、江島大橋(通称:ベタ踏み坂)は、境港と江島を結ぶ、大きな架け橋だ!

この橋の完成によって、交通の利便性は非常に高く向上した。

いつも、眺めながら大きな橋だな!と、再確認している。

一日、2万台の車の交通があるとも聞いている。

しかしながら、過去メイン通りだった、私の店の前は、単なる住宅地の道路となり、その車の交通量は激減した。

だから、今まであったお店もかなり閉店を余儀なくさせられたらしい。

環境が変われば、同じような過去の栄華は望めない。

厳しい現実である。

しかし、他方でSNSなどのITテクノロジーの進歩で、今まで得られなかった状況を知ることができるようになり、検索によって調べ、集うお客様が、いらっしゃるようになった。

環境や、時代は、常に変化をもたらすものだと、今痛感している。

今のお店のキャッチフレーズは、ベタ踏み坂のふもとの、スイングカフェ となったことも時代の流れと認識している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です