レジリエンス(厨房の片隅で考える)

オリンピックの開催で、様々な考えが巻き起こっている昨今だ。

その世論渦巻く中で、私の目に飛び込んだ言葉がある。

「レジリエンス」

この意味は、”跳ね返す力”という意味ということだ。

失敗や、未知なるものを恐れないと、いうこと。

障害と向き合い、持てる力の限界に挑戦するパラアスリートたち。

その困難は、決して全てを克服したものではなく、常にその困難の中で向き合い、そしてそれらを享受することだと、綴られた記事だ。

今、私は60年を超えた人生の中で、思うことがある。

それは、人生の多様な出来事の中で、自身がどうそれらと対峙し、真の生き方を見いだせるか?

困難をいかように捉え、どうしていかなければならないのか?

それが、このオリンピックを通じて、問われ続けられている気がしてならない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です