写す

カメラは、対象物を映し出す道具だと誰かが語っていた。

でも、私にはそれだけではないような気がしてならない。

その写真とも、付き合いだして35年ぐらいになるだろうか?

しかし、写真の思い出をさかのぼると、もっと昔になる。

テレビの番組で「素晴らしい世界旅行」という番組が、小学生の時にOnAirされていた。

世界の様々なところにカメラが行き、私が知らない世界をムービーカメラで、たくさん見せてくれた。

だから、ヨットで世界を周り、いろんな事象をカメラに収めたいと、幼心に夢見たものだ。

その少年時代の思いが、今も脈々と生きずくようなところが私にはあって、さほど上手くもない還暦カメラ小僧であり続けている。

大学で学んだ抽象絵画とは、また違った魅力を、写真は教えてくれる。

「四季の刻々と変化する風景」「世間を揺るがす瞬間の世界」「快活に踊り乱舞する若者の様」「今は亡き友人の笑顔」「昆虫や動物たちの生ける世界」「無音となった空き家の粛々たる情景」「恋人たちの絶えない笑顔」。

その一瞬一瞬を描写する写真の表現世界。

この古びたCaf’eと私には、こんな昔語りがお似合いなのかもしれない。

今日も、新しいお客様と、昔からの常連様が、この店に集われた。

若者たちは、キラキラと輝き、壮年者たちは落ち着いた眼差しで、音楽とコーヒーを楽しむ。

そんな今を、コーヒーと共に、私は感謝する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です