創る

珈琲パッケージを、手書きで書いている。

実に、手間がかかる作業だ。

一つ一つに、「手作り感を出したかった」のと、「こんな事をしているのは、なかなかいない」という事に加え、「希少価値と捉える方もおられるだろう!」そういった意味もある。

時間の浪費と捉える方もおられる。

「印刷や、シールにしてしまえば楽だろうに、早くそうしたら?」という方。

「これがいいのよ!差し上げた時に、印象が違うわよ!」

賛否両論である。

私は、この評価でいいのだと思う。

このパッケージ一つから、小さな話題が生まれ出て、珈琲豆へと繋がる心理の導線を、イメージしているからだ。

もうさほど遮二無二、豆を大量生産していくという感覚は無く、欲しいのはお客様の「少しの驚きと期待、おいしいの一言」なのかもしれない。

今夜も、時計の秒針音しか聞こえないSWING Caf’eで、夜な夜な筆を走らせている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です