営む

日々の生活は、ここ山陰は安らかだと思える。

1分1秒を競うように、忙殺され動いていた都会の生活と比較するとだ。

ただ、どちらかが正解という感覚も私は持たない。

人それぞれ望んだ生活、生き方があると思うからだ。

毎日のように、水鳥や小型船で、漁をする様子を見ながら、いまの私は心穏やかになれる。

かと言って、若い頃その風景に、ただただ満足したか?と問われれば、それも違う。

ゼネレーションや、それぞれの育った環境、価値の置き所によって、変わるであろうからである。

今、私はこの生活に充足を覚えている。

現在の私が、今の環境を良しとしているからである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です