彩り

私は、前職で色彩を教えていたこともあり、色にはこだわってきたつもりだ。

しかし、人間の目は約750〜1000万色の色を識別することもあり、学問的に色を理解するのは、容易ではない。

ところが人間の持っている「感覚で色彩を判断する」と、理屈より容易に理解できるのだ。

ちょうど、服選びで本人が服を着てみて、自分に合った服を選ぶように、百聞は一見にしかずなのである。

満開の桜の花を見て、おおよその人は美しいと思うだろうし、紅葉に彩られた山々を愛でることも、共通した感情や感動ではないだろうか?。

そこに、各人の経験値や、感情が加わり、それぞれの美の見え方に変化して行く。

今後も、さまざまな彩りを楽しみたいものだ!

(※ 現在、境港市に新型ウイルス警報が発令されており、当店は臨時休業中です。営業再開時には、またお知らせいたします。ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。ただし、コーヒー豆の通販は、いたしております。何卒よろしくお願い申し上げます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です