手廻し焙煎ロースター

スイングカフェ のコーヒー焙煎は、手廻しの焙煎機を使用しています。

ローストする前に、釜をガスコンロで十分温めて、最初は一定の回転速度で廻します。

そこから、約15〜18分の間、回転し続けると、1ハゼといってパチパチと音が鳴り、豆の弾けてきます。

そこから1〜2分経つと、1ハゼの音も収まり、その後2ハゼの音がしだします。

その音は、ジリジリといった細かな音です。

その音と段階と、豆の色、フレバー、煙の出具合、手廻しの回転速度を調節し、観察しながら、目指すベストな状態の焙煎に持っていくわけです。

最後の段階の変化は、良い状態で仕上げるには、かなりの鍛錬を要します。

少し、昔風の焙煎方法ですが、この焙煎は実にエキサイティングで、魅力があります。

是非、この手廻しの焙煎珈琲豆を、飲んでいただきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です