新鮮な珈琲

珈琲は、なるべく焙煎したての新鮮なコーヒーを飲みたいものです。

新鮮な豆は、お湯を入れると細かな泡がいっぱい湧き出で、香りやコク、甘みもよく、とにかくおいしいのです。

この泡は、コーヒーの豆の中に含まれる炭酸ガスが出てくるからです。

あまり、炭酸ガスが出ない品種もありますが、基本的には新鮮な豆は炭酸ガスが発生して、あの香ばしい香りを放つのです。

よく聞くフレーズに「コーヒーは、生鮮食品」と言われる所以はそこにあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です