朝の月

朝、早く起きると空を見る。

「今日は、どんな空のあんばいだろうか?」

いつになく、やさしい空の明かりの中に、ひと晩、輝き続けた満月が太陽に「交代だよ!」って言っているかのように、少しずつ光の中に溶けていく。

気ぜわしく動いていた若いとき、空をみるよりショーウインドーのファッションや、赤く灯る信号機に気を取られ、空などをじっと見渡す余裕など、無かった。

昔、ある老人がおっしゃっていた。

「落葉もすぎる頃、それでも枝に必死でつかまっている枯れ葉も、愛おしくなる人生の季節がくるのよ」と。

「ああ、そうか!」、今になって共感できる言葉だ。

また、新たな明日がくるように、人生の風景も、様々に用意されているようだ。

(※ 現在、境港市に新型ウイルス警報が発令されており、当店は臨時休業中です。営業再開時には、またお知らせいたします。ご迷惑をおかけし、大変申し訳ございません。ただし、コーヒー豆の通販は、いたしております。何卒よろしくお願い申し上げます。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です