梅の花と、カウンター

梅が、咲いていた。

ささやかに、ひっそりと咲いている。

いつの季節や月日にも、思い出はあり、想いを馳せる。

梅の花での、出来事もある。

カウンターというのは、不思議なところだ。

その日、初めて入ってきたお客さまでも、話が弾んで様々なお話をされる。

普通に出会って、すぐに話す内容ではないのに。

いつも思うが、カウンターという境界をはさんで、人は心許されたかのように饒舌(じょうぜつ)になるようだ。

若かった時の話、仕事の話、恋愛での話、壮大な話も、笑えない話も、嬉しいことも、辛いことも、話される。

私は基本的に、お話をお聞きするだけだが、その話されるお方の人生が垣間みられ、機微(きび)の動きまで、透けて見えるかのようだ。

今年も「梅」が、咲いた。

「あのお方は、どのようにされているのか?」と、時節の変化や、事象で思い、想いだす。

桜咲く頃、草燃ゆる頃、蛍舞う頃、それぞれの季節にそれぞれの唄となり、今そこにある花の中に凝縮されていく。

梅の花は、静かに咲いている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です