機微(きび)

今日は、お店を閉めてからの訪問者があった。

40年近くお会いしていなかったが、一つ上の大学の同じ下宿の先輩だ。

共同便所、共同風呂、共同の炊事場の下宿で暮らした。

学部は違ったが、何かと新しい人類との遭遇のようなインパクトを感じた方だ。

どこか捉えどころがなく、掴もうとすると消えてなくなるような不思議な方である。

今日も、出会うなり、私にピンマイクをつけられて、「そのままでの所作でよろしい、もう会えるかもわからないから、記録に残す」と、ムービーカメラ全開よろしく、私と私のお店を撮影し、気がつくと車に乗って「じゃ」って言っていなくなった。

でも、それらはあの学生時代と全く変わらず、私は「そうだな」と妙に納得した。

それぞれの人生の歩みに、それぞれの道程があり、またどこかへ向かって、お互いに船出する。

そんな事を、思わせるところは、やはり味わい深い先輩である。

願わくば、健やかにと記しておきたい。

感謝である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次の記事

創る