深入りの珈琲

深煎りの珈琲は、ロースト(焙煎)の具合でいうと、イタリアンローストと言われ、最も深く炒ったものを使用します。

深煎りのブレンドなどは、それぞれのお店によって配合されていますので、個性が違います。

この深煎りのコーヒーは、苦味とコク、厚みのある芳香が特徴的です。

豆を挽く際は、なるべく細かく挽き、豆全体の味を引き出します。

その際、ドリップに注ぐ湯温は高めに出すと、ストロング感が高くなります。

朝の目覚めの一杯など、口に含んだ瞬間に頭に爽快感が巡り、活力のつく味わいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です