深入りブレンドの入れ方

深入りのコーヒー(イタリアンローストの豆)は、豆の抽出度を最大限にする為に、豆の挽き具合も、細かく挽きます。

そして、湯の温度も高めに設定(90〜92度程度)して、お湯を投入します。

最初のお湯の投入では、豆が全体的に染み渡る程度にします。

そこから、30秒ほど豆を蒸らします。じんわりと、豆にお湯が浸透するのを待つわけです。

そこで、第二投目で、お湯を2〜3ミリ程度の太さで、お湯を500円程度の円を描くように注ぎます。

概ね、豆の分量14グラムに対して、コーヒー140cc程度です。

ドリップの8分目までゆっくりと入れ、あと足りない分量を2投目に注いだ豆の位置より高くならないように注ぎます。

分量に達したら、ドリップにお湯が余った状態で外します。(最後まで出してしますと、苦味、えぐみが増してしまします)

一連の作業に加えて、コーヒーカップをお湯で温め、コーヒーの温度が低くならないようにして、カップよりお湯を捨て、ふきんで、カップを拭いてコーヒーを注ぎます。

その一連の作業を、スムーズにできるように慣れてください。

おいしいコーヒーの出来上がりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です