珈琲豆を煎る

コーヒー豆を煎って、中煎りのブレンド珈琲を製作しているが、正確に毎回同じような良き状態の

豆が煎れたかというと、難しい。

焙煎は、最後取り出す段階で秒単位で煎り加減が、変化するからだ。

しかし、逆にそこが面白いところでもある。

また、コーヒーが煎られる香りは、飽きのこないもので、焙煎は楽しい。

まるで、生き物を扱っているかのようだから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です