琥珀のコーヒー

長い永い年月をかけて生まれる琥珀。

その琥珀の深いセピア色に、匹敵するぐらいの珈琲の奥深い色に、日々心を動かされる店主です。

より味わいのある、コクと苦味、そして旨味は、どのようにして出されるのか?

毎日が、課題の連続である。

人に言わせれば微細な変化かもしれないが、その階段を確かめながら登っていく作業は決して、平易なものではない。

しかし、それが楽しい探検なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

前の記事

海の風

次の記事

5月の定休日