香り立つ珈琲豆


ヨーロッパでは、コーヒーの香りが最も重視されるそうだ。

私も、日夜香り高いコーヒーを目指している。

豆をローストするとき、やや強めの火加減で、ベストな回転にコントロールすると、コーヒーのアロマ立つ仕上がりになるが、強めの火加減は焙煎速度も早く、一瞬のタイミングを逃す可能性が高まる。

何事においても、加減というのがキーとなるようだ。

また、豆の特質によってローストを変えるのも、経験が必要だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です