大山(だいせん)

大きい山と書いて、大山(だいせん)と読む。

今日の大山は、特に力強くそびえていた。

その姿は、西の富士と称される程、凛々しい。

山頂に、雪を蓄え、その水分を途方もない時間をかけてろ過し、伏流水としてこの界隈の大地に、恵みを与えている。

大きな恵みを、私たちは受けている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です